読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミシン目とツギハギ

舞台のこととかイベントのこととか

村井良大10周年特別企画 Halloween Party 2016 感想


村井良大10周年特別企画 Halloween Party 2016』
一部に参加してきました〜〜!
いやーーー、とにかくすごかった。お金を払って参加するイベントは初めてだったので、右も左も分からないまま常に興奮してた気がします(笑)

 

会場は永田町にある星陵会館。中に入ると、思ってたよりも小さく感じました。
ハロウィンイベントということで、オレンジと黒を基調とした色合いで装飾されていたのがかわいかったです。

今回はコスプレをしてきてほしいということで、わたしは殺意の衝動の羽水くんのコスプレをしていきました。コスプレといっても同じような素材や形のものを用意するのが叶わなかったので、なんとなくのコスプレでした。
会場では本格的なコスプレから、マークの丸メガネやニット帽だけの簡単なものまで、様々でした。
ファンの人たちのコスプレを見てるだけで楽しかった〜〜!羽水くんが他にも数人いたので声をかけようか悩みつつ勇気が出ませんでした(笑)

 

始まる少し前に司会の人が出てきました。ピン芸人のピクニックさんという方でした。楽屋に用意されていたピーターパンの衣装を着て司会されてました。この人がとにかく司会が上手くて楽しませてくれてました。さすが芸人さん!
「僕がムライって言ったらみなさんリョータって返してくださいね!ムライ!」「リョータ!」「ムライ!」「リョータ!」「ピク!」「ニック!」
って掛け合いが楽しかった〜〜!みんなの反射神経の良さよ。

そして村井くんのコスプレは、戦国鍋の大矢野(天草四郎と島原de乱れ隊)でした。あの銀色衣装で現れた瞬間の会場の「キャーー!!」という黄色い声と、「まさかのそれ?!?!www」という笑いが混じる雰囲気が最高でしたね。めちゃくちゃ面白かった(笑)
「人気ゼロ、大矢野です」が生で聴けてもうそれだけで定価の価値ある。
村井くんの人生初コスプレらしいですよ、それが大矢野ってのも面白いけれど。
あと村井くん曰く役者をしていると衣装にこだわりが出てきてしまうらしく、ピクニックさんがしわくちゃの衣装で出ようとしたらストップをかけて、メイクさんとアイロンでシワを15分くらいかけて伸ばしてたみたいです。

 

イベントの流れ的には、
①2006年〜2010年の過去作品を振り返る
②10周年クイズ
③ナンバーワンコスプレイヤー選出
④プレゼント手渡し
という形でした。

わたしが本格的にファンになったのはここ最近なので、過去の作品を振り返る時間があったのは嬉しかったです。
赤毛のアン風魔の小次郎テニスの王子様→劇場版仮面ライダー電王→ソウガ→華鬼→戦国鍋 の順番に触れて行っていたかと思いますが(抜けや順番間違いがあったらごめんなさい!)、時間の都合で一つ一つ振り返るのが短かったことだけが残念だったな〜〜!でも貴重なお話が聞けてよかった!

10周年クイズは、『村井良大 10th Anniversary Chronicle』やブログを読んでいたらある程度は分かる内容でした。計5問出てましたが

1.オーディションの時の服装は?
2.新春戦国鍋祭の秀吉の役作りで参考にした作品は?
3.「テニプリは〇〇のような作品だった」の、〇〇に入る言葉は?
4.アブラクサスの祭で目の演技をするために村井くんがしたことは?
5. 3・11の時に村井くんが癒されていたアニメは?

だった気が…(自信がない)、すごいニュアンスで書いてます(笑)
わかった人は挙手して、当たった人が答えるシステムでしたが、一人も一度も間違うことなく正解してたので、村井くんもピクニックさんもかなりびっくりしてましたね〜〜。みんなすごいや…。わたし3問しかわかんなかったわ…。

 

一部でのナンバーワンコスプレイヤーは、闇芝居の紙芝居屋のコスプレをやった子でした。まさかのそのコスプレ!!着眼点がすごい!!ナンバーワンを村井くんが決める時に、会場を練り歩きながら一人一人のコスプレを眺めつつ「あ、これはアレかな?」とか、「え〜〜!」とか感想をいちいち漏らしてたのがかわいくて。ピクニックさんも言っていたけれど、ファンの子のコスプレを見ながら過去の自分を思い出して楽しそうにしてたのがわかりました。

 

プレゼント手渡しでは、デコチロルチョコを本人が配布してました。まさかのデコチロルチョコ…!!これかわいすぎるんですけど食べられる気がしないですね。どうにか保存しなければ。
一人一人の目をしっかり見て、「ありがとうございます」って伝えてるのを端から見てるだけでもうね…胸がいっぱいで最早痛い。あとずっと脇腹が痛んでました。
チョコを片手でそっと渡して、もう片方の手をわたしの手の下にすっと差し込んで指先で手の甲をちょんと触れるという技を披露されて頭が真っ白になりました。これうまく表現できないんですけど伝わるかな…(笑)言いたいことあったのに頭からポーーーンって抜け落ちました。目の周りがまつげで象られてて丸くて大きくて、しかもその目でずっと見てくるものだから「勘弁してくれ」って思って目をそらしてしまいました。いや…もうイケメンすぎてマジ…マジ…って感じ(失われる語彙力)
「ありがとうございます」が精一杯でした…いつかもっとまともに何か伝えたいです。

 

村井くんのファンに対する気持ちや、今までの活動からくる自信と一つ一つの作品や役柄に対する愛などを感じられるとてもいいイベントでした。
舞台の上に立つ村井良大とはまた別で、完全に素(ファンといえどもお客さんのため、少し繕っている部分があるかもはしれませんが)の村井良大を見れたのは、この先村井くんのファンを続ける上で自分の糧というか、大切な思い出になる気がします。誠意と熱意を持って芸能界で生き抜くことを決意している人を応援するからには、自分もちゃんとしたファンでいなければなあとなんとなく考えてました。重たくてすみません…(笑)
次もこのようなイベントに参加できるかはわかりませんが(カレンダーイベントは行けないんですよねえ)、そのような機会が訪れた時はもっと緊張せずに行ってみたいですね。

 


フォロワーさんと会ったり、新たな人と出会ったり出来る現場だったんですが、村井さんファンの人はみんな優しくてあったかくて穏やかな気持ちになれました。開演前も後もご飯一緒に食べてくれたり、池袋行ったり、いろんな話したり、写真撮ったり、楽しかったな〜〜!!みんなかわいかった…かわいい女の子大好きです。ありがとうございます(???)。
また村井くんも勿論ですが、みんなに会いたいですね。総括すると楽しかったよって話でした。チャーリーブラウンが楽しみです。
お粗末様でした。